読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クズでも頑張れる

やるときゃやる

マイペース

大森靖子 生活

Twitterを更新しなくなって、8か月。

毎日見てるし、いいねも押すけど、書かないというだけで、たくさんのストレスから解放された気もする。

 

新しい野球観戦という趣味も見つけて、全く体を動かさない生活から、フラッとバッティングセンターに行くようにもなった。

 

ずっとずっと通ってた大森さんのライブに行かなくなったのは、大森さんが嫌いになったわけではない。

20歳を越えてから、行き場のなかった好きの熱量を、自分や家族、恋人のもっと近い場所に注ぐようになったからです。やっぱり生きるのにバランスというものは大切でした。

 

それで、今日は見るばっかりじゃなくて

たまに思いついたことをブログで消化していこうと思い書きました。

頭が便秘になりそうなのを防ぎます。

 

そういえば、これを読んだよ。

 

 

大森さんの旦那さんって素晴らしいね。

でもこれは、あくまでもフィクションとして受け取らないとなって思いました。

大森さんの意見が参考にならないとかではないですよ!

 

決してこの記事に否定的な感情はありません。

 

以前、テレビで『トイレの神様』の植村さんのご家庭が密着されていて、その時の旦那さんも奥さんに協力的な方で、カメラが回っている間に、2度も夕飯の買い忘れが発覚したのに(しかも2度目は1回目の買い出しから帰ってきた直後)嫌な顔一つせず、ものすごいスピードでスーパーに行っていました。やりたいから、やる感が伝わってきた。(この稚拙な文で伝わるかしら)

 

で…

そんな素敵な旦那さんがテレビや記事で紹介された時、自分のパートナーと比べたり、自分の理想の彼氏像の中に埋め込んでしまうのは、少し違う気がする。

 

大森さんの旦那さんみたいに

『育児を二人三脚で出来る』

植村さんの旦那さんみたいに

『進んで家事を手伝える』

っていうのはあくまでも嫁側でいう料理が得意、子供のしつけが上手い程度のものと思っておかなきゃいけないと思う。

 

子育てもしたことないのに生意気なって感じだけど。。

 

他の旦那や恋人を羨ましく思うっていうことは、きっとパートナー選びが下手くそなのか、自分の態度を見直すべきなんやと思う。

 

今の恋人と付き合って、約2年半。

1年前は、本当に面倒くさいワガママな彼女で、すぐ恋人の愚痴をツイートして周りに慰めてもらって、優越感に浸る。なんていうクソ悪循環なことをしていました。

案の定別れ話ばかり。

 

でもそんな最低な自分を見直して

不健康な心をやめたら、

今まで不満だった彼の嫌なところも無くなったし、関係性がすごくよくなって、全くデートに行けなかった毎日が、今年の夏はたくさんの場所に連れて行ってもらえるようになりました。

 

イクメンはニンゲンと同じくらい』

にしたいなら、まずわたしは頑張ってる!っていう考え方は捨てたほうがいい。

 

大森さんや植村さん夫婦の間には、優劣は感じられない。

そして、お互いの足りない部分を補う。

だから理想の関係が成り立っているんだと思います。

 

不平不満が募るのは、自分を見直すタイミングです。

パートナーに対して、あいつはクソっていう感情がある限り、大森さんみたいな、共に生きる、的な人生って歩めないよね。

 

大森さんの記事は素晴らしかったけど、

わたしのパートナーも誇らしいので、羨ましかったり、こうなってくれよ!的な感情は湧かなかった。。

 

強制するより、本当に素敵で、自分のことを好いてくれる人なら、きっと変わってくれるから、好きな人が好きなように生きていて欲しいと思う。

 

 

 

 

広告を非表示にする